東京IPO特別コラム:「世界のリーダーたるもの」

~語られないものを視る眼~

「世界のリーダーたるもの」

PDF版のダウンロードはこちらから

 

時々日本が経済大国なのだからもっと発言権があってしかるべきとか、もっとリーダーとして見られたいという発言を聞きます。しかし、世界のリーダーといわれるためには、困っているときに助けてくれることが万国共通で第一に必要なことではないでしょうか。

例えば、先日中国の積極的なワクチン外交*が報じられましたが、日頃平和外交を掲げている日本が本来率先すべきところです。にもかかわらず、今もって自国民に人口の約40%分のワクチン入手の目途が立たず、全体スケジュール感も示せず、病床逼迫への対策を何ら求めることなく病床が逼迫する度に非常事態宣言を発する形で国民へツケを回し、多少の補助金でお茶を濁そうとするようでは、他国を率いるどころの騒ぎではありません。

そして、昨今アメリカではトランプ前大統領が「クンフルー」という情けないダジャレ(カンフーにコロナのインフルエンザ(英語ではFlu、フルー)をかけた)発言のせいもあり、アジア系アメリカ人へのヘイトクライムが多発しています。先月だけでも、衝撃的なものはアトランタ市内のスパで韓国系アメリカ人を4名殺害、NY市内タイムススクウェア付近でフィリピン系アメリカ人への暴行でした。また、日系人へもシアトルで暴行されています。

さて、読者の皆様はこれらの痛ましい話を遠い世界の話と思いますか、それとも身近に感じますか?もう少し踏み込んで考えれば、近いうちにワクチン接種証明書が発行されるようになり、少しずつ国境を越えた人々の往来が活発化していくでしょう。そして、アメリカに何等かの理由で滞在している間に、暴行を加えられる可能性があるということです。今は人々の往来が少ないので、アメリカ人ばかりかもしれません。しかし、現地に住んでいるかいないか等分かるはずもなし、ましてやアジア系といってもどの国・民族か、非アジア系アメリカ人には区別がつきません。(かくいう著者もアメリカではアジア系にさえ中国語や韓国語で話しかけられます。。。)

そう、明日のわが身であるリスクがあります。

さて、このような事態に対し、同じNY市にある日本領事館とNYC市役所が以下のメールを発しました。どのような印象を受けるか比較してみてください。本文は少々長いですが、現在進行形の問題であり、少しでも被害を広げないためにも有益な情報が含まれていますので、全文引用します。読者の皆様でアメリカ在住のご友人にお知らせいただければ幸いです。地域によって深刻度が異なることもあり、これらの情報はすべての在米日系人に広まっているわけではないようです。

まずは日本領事館からのメールです。


 

〇アジア系住民に対する犯罪被害に遭わないための注意点についてお知らせします。参考になさってください。

1 3月29日(月)午前11時40分頃、マンハッタン西43番ストリートを歩いていた65歳のアジア系女性が男から蹴り倒され、頭部を踏みつけられる等の激しい暴行を受けました。その後、犯人は逮捕されております。
同じく29日の早朝、ブルックリンからマンハッタンに向かう地下鉄車内でアジア系の男性が別の男から一方的に殴られ、首を絞められて意識を失う様子が撮影されたビデオがソーシャルメディアに投稿されています。
報道によれば、NYPDのヘイトクライム特別捜査班は現在までに30件以上のアジア系住民に対する事件を捜査しているとのことです。

2 このような、アジア系住民に対する犯罪被害に遭わないための注意点として、NYPD警察官から次のとおりアドバイスを頂きましたので、参考にしてください。
・アジア系住民を狙った犯罪が増えているので、外出時は可能な限り、一人ではなく、複数人で行動する。
・コロナ禍以降、暴力事件等が発生しても感染への恐怖から周囲の支援が得られない可能性がある。
・地下鉄は可能な限り避け、バスの利用を推奨する(シティバイク等も有効な移動手段)。
・地下鉄を利用する際は、ホーム中央付近に設置されているMTAサインボード等の近くで待つようにする(線路突き落とし事案防止、犯人から逃げる際の障壁として利用可能)。
・MTAサインボードが近くに無い場合は、壁際やMTA職員から見通せる場所で待つ。
・駅構内に交番があるときは、警察官の所在を確認してその近くで待つ。
・可能な限り車掌が乗っている車両を選んで乗車する。ドアを叩くことで車内の異常を伝えることができ、車掌の通報で早期対処が見込まれる。
・公共交通機関利用中には、周囲の状況把握ができないおそれがあるので、けっして携帯電話の画面を注視しないこと。

3 安全対策の参考として当館ホームページには「ニューヨーク安全マニュアル」 (https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/j5/index.html)を掲載しています。同マニュアルの「事件や事故に巻き込まれたら」(https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/j5/nyanzen-manual_2019.pdf)には、以下のとおり緊急時の連絡先等を記載しておりますのでご活用ください。
・警察・消防・救急は全て「911」です
緊急時には「911」をダイヤルし(公衆電話ではコイン不要)、オペレーターに緊急事態の場所と内容(警察・消防・病院の別)を告げます。英語で説明できない時には「ジャパニーズ・プリーズ」と告げれば、日本語通訳サービスを介しての通話が可能です。緊急時以外には、「911」ではなく管轄の警察署へ直接連絡しましょう。
・総領事館への通報
思わぬ事態に遭遇しお困りの方は、総領事館の「邦人援護担当官」へご連絡ください。週末・休日は緊急時のための 24 時間対応可能な電話システム(日本語オペレーター対応)も導入しています。
在ニューヨーク総領事館
電話:1-212-371-8222
弁護士、通訳に関する情報は、下記リンクからご覧になれます。
○弁護士情報:http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/l/bengoshi_list.html
○通訳者情報:http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/en/o/q2_list.html

 昨年9月15日付の領事メールで、「外出時等の安全対策に関する注意点について」(https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/files/100094083.pdf)をお知らせいたしておりますので併せてご活用ください。万が一、犯罪被害に遭われた場合には、警察に被害を届け出るとともに、当館にも通報いただくよう重ねてお願い致します。


 

次にNY市役所からのメールです。(末尾に和訳の要約を付けます)


 

It is a tragic aspect of our era that our hopes for better times continue to be crushed by reminders of the injustices of our society. Along with the long awaited spring season, the steady growth of the number of New Yorkers getting vaccinated give us reasons for optimism. In just the last few weeks, we’ve also celebrated the launch of Open Culture, the return of Free Shakespeare in The Park, and concrete plans for the imminent return of indoor performing arts to our city.

But the pervasive acts of anti-Asian bias and hate we are witnessing are searing reminders of the racism and white supremacy that continue to infect our society and undercut our efforts to rebuild and recover our city. The loss of so many lives in Atlanta to racist, sexist violence, and the ongoing rise in acts of bias and hate right here in New York are devastating and almost too much to bear. I often find myself personally overwhelmed by the sheer amount of violence, hate crimes, and injustices that many of our fellow New Yorkers face day in and day out.

More often than not, words fail me when I try to convey a message of reassurance, empathy, and hope. I struggle to find the strength to offer the support that my staff needs to continue to navigate these difficult times. I also struggle to bring new perspectives to the ongoing conversations in our sector.

In the last two weeks, triggered in part by the escalation of crimes against the Asian American community, I was invited by DCLA’s BIPOC affinity group to talk about ways to address this issue both internally within our team, and externally with the sector. Encouraged by the members of the affinity group, I saw the connections among these incidents of hate and violence – often presented to us as standalone tragedies – to understand better the pervasive system of oppression directed at marginal communities that motivates these terrible acts.

Yes, the murder of six Asian American women in Atlanta is first and foremost a hate crime incited by racism. But it is not an isolated incident. In addition to the pervasive bigotry at the core of this incident are our society’s devaluation of women, and our tendency to reduce people to flat stereotypes based on their race or gender or class, which lends itself to othering. There is an urgent need for us to see the whole person when we look at our neighbors. The people we lost were women, working class, Asian, mothers, daughters, friends, and so much more. Yet these acts of hate demonstrate how our systems erase this richness. Xenophobia toward immigrants, misogyny toward women, and disdain for poor and working class people are all components of a system that made them targets for the killer.

Though finding the words to start these conversations can be a challenge, everyone, and especially those of us who identify as white, must recognize our obligation to acknowledge, understand, and attack the roots of the privilege and beliefs that undergird bias against Asians and all BIPOC communities. We unequivocally join our colleagues in condemning these repulsive acts of violence and hate, and stand in solidarity with our API family, staff, friends, and neighbors.

Our statements of solidarity can provide an entry point to more difficult conversations, questions, and, hopefully, actions. But the path from statement to action is not always easy or clear. The BIPOC affinity group at DCLA followed up on our conversation by writing a powerful letter that we shared with the staff that has provided us a basis for ongoing discussion, understanding, and collective action. Many of the resources below came from this group and their letter, too. I encourage you to read and share them as we continue to acknowledge the profound failures of the systems we are a part of, and how we can tear them down and build something better.

In solidarity,

Gonzalo(NY市文化部長)


 

Racial Justice Readings & Resources

WorkWell NYC Virtual Forum: You are invited to attend a virtual discussion group to process the recent hate crimes against members of the AAPI community. These discussion groups are safe spaces for all to voice their concerns, share their thoughts, and learn about available resources. Upcoming forum: April 7 at 3pm.

Asian Americans Advancing Justice and Hollaback! Bystander Intervention Virtual Trainings: “In response to the rise in Anti-Asian/American and xenophobic harassment, we at Hollaback! partnered with Asian Americans Advancing Justice | AAJC to adapt our free bystander intervention training as well as offering a de-escalation training to meet this moment.”

How to Respond to Harassment for People Experiencing Anti-Asian/American Harassment Training Workshop: “After attending our bystander intervention trainings, many Asian/Americans want to know — how do I take care of myself when I experience harassment? If that’s a question you’re asking — this training is for you.” April 2nd, 5 pm Register Here; April 15th, 6 pm Register Here.
● Asian Americans Advancing Justice: “Tell Your Story. Help Us Track Hate.”

● NYC Commission on Human Rights “Stop Asian Hate: A Toolkit for Addressing Anti-Asian Bias, Discrimination, and Hate.

● Stop AAPI Hate: Safety Tips for Those Experiencing or Witnessing Hate

● AAPI Women Lead – Community Care Series: “An online series of workshops, interviews, exercises that are led by our community leaders to help us understand what is going on with the pandemic and what we can do (including health and wellness lessons), specifically as Asian and Pacific Islander communities.

● I Still Believe in Our City: Since fall 2020, NYCCHR’s Public Artist in Residence Amanda Phingbodhipakkiya’s campaign “I Still Believe in Our City” has been installed in subway stations, a billboard at a major Brooklyn thoroughfare, bus stops, and LinkNYC kiosks amplifying NYC’s support for API New Yorkers in the face of an increase in bias incidents, discrimination, and harassment. The campaign is this week’s cover of Time Magazine, which features an unreleased image originally created for the NYC-focused campaign: https://time.com/magazine/.

Learn more, get involved, download free images to use as posters supporting API community at www.IStillBelieve.NYC.

OneWorld COVID-19 Special Collection: The Museum of Chinese in America’s OneWorld COVID-19 Special Collection “seeks to document and share the stories of Chinese Americans and the Chinese diaspora resisting coronavirus-fueled hate with incredible acts of compassion and generosity. This collection will not only feature stories of community efforts but also highlight experiences of individuals and families during these unprecedented times.”

Kenneth Tam – Silent Spikes: “With his solo exhibition, Silent Spikes, Tam furthers this address of masculinity, while exploring intersections of race and labor economics. In this new work of video and sculpture, Tam considers how Asian men have been stereotyped and maligned against the iconic trope of American masculinity: the cowboy.”

Hyperallergic: “What Can Museums and Art Orgs Do to Counter Anti-Asian Hate?”

“You Do It With Your Heart”: Black Business Solidarity Initiative highlights the economic power of Black New Yorkers and the cultural significance of Black-owned businesses, which have long been a cornerstone of New York City neighborhoods. In this new multimedia series, Black business owners share their backgrounds, and discuss how they have been affected by the economy, COVID-19, and growing gentrification. Their oral histories play over stunning images taken by the Commission on Human Rights’ Public Artist in Residence, renowned photographer Andre D. Wagner.

和訳要約:昨今報じられているアジア系への暴行事件は悲劇的であり、アジア系コミュニティへ痛みを共感する気持ちを表現しようにも言葉もありません。このような暴力を市役所は非難します。しかし、前進するためにはこのような悲劇の根本にあるアジア系への偏見を認識・理解し、根絶していかねばなりません。

民族的偏見に関するリソース:
✓ アジア系への犯罪を見かけた際周囲の人々が何をすべきかのトレーニング案内
✓  アジア系へのハラスメント対応方法セミナーの案内
✓  アジア系へのハラスメントやヘイトクライム反対NGO(ハラスメントや犯罪報告)の紹介
✓  NY市人権委員会編「アジア系への偏見や犯罪対応のツールキット」
✓  アジア系への憎悪反対NGOによるヘイトクライムを体験・目撃した際の身の安全を守るためのヒント

上記2つのメール内容を読まれていかがでしょうか?NY市の方がより市民に寄り添う印象を受けますし、リソースも豊富です。コロナに加えてのこの事態に気が滅入る状態に、受け取りたいメールはどちらでしょうか。

本当に困っているときに手を差し伸べ、暖かい言葉をかけるからこそ、同胞意識が生まれますし、もし何か日本が困っているときがあれば助けたいと思うものです。日本人だから、日系人だから当たり前という顔で助けが欲しいときには求め、海外の日本人が困っているときは遠い国の話として何もしないのでは、あまりに虫が良すぎます。

これは今回に限ったことではありません。第二次世界大戦中アメリカは大統領令の下、日系人を強制収容所に移送し、監視下においていました。戦後その補償について日系コミュニティが動き、1988年になってようやくレーガン大統領が謝罪し、日系アメリカ人補償法に署名しました。多くの日系人が辛い思いをしたことに対し、別に日本政府が動いた気配はありません。

せめて、訪米時に首相が一連のアジア系へのヘイトクライムや偏見の増大を憂慮しているくらいの発言でもあれば、人々の受け止め方が違うように思います。

一方アメリカ側の反応としては、総じてバイデン大統領やハリス副大統領もアジア系へのヘイトクライムを非難していますし、ヒロノ議員、メン議員を中心に取り締まり強化を目指した連邦レベルの法律を成立させようとしています。

もちろん、時期的にもバイデン政権発足から間もないこともありますし、民主党政権はリベラル派ですから、今後支持基盤を盤石にしていきたいアジア系へのアピールの側面も確かにあります。しかし、自国でよくないと認識している問題に対し、是正しようと真正面から取り組む姿勢には、好感が持てます。この動きをブライス元駐米イギリス大使は「自浄作用」と呼んでいました。自分で悪いと思ったことは自分で直そうとする力がアメリカには働くと彼は分析していました。今日でも通じる名言です。


* 2021年4月4日、新型コロナ: ワクチン輸出、中国が席巻 外交や経済で攻勢も: 日本経済新聞 (nikkei.com)

 

本コラムの執筆者================================

吉川 由紀枝

ライシャワーセンター アジャンクトフェロー

プロフィール:

慶応義塾大学商学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)東京事務所にて通信・放送業界の顧客管理、請求管理等に関するコンサルティングに従事。

2005年米国コロンビア大学国際関係・公共政策大学院にて修士号取得後、ビジティングリサーチアソシエイト、上級研究員をへて2011年1月より現職。

また、2012-14年に沖縄県知事公室地域安全政策課に招聘され、普天間飛行場移転問題、グローバル人材育成政策立案に携わる。


※当文章は著者の個人的見解であり、所属団体の意見を反映したものではありません。