TOKYO IPO スマホ版はこちら
TOKYO IPOTOKYO IPOは新規上場企業の情報を個人投資家に提供します。

今年最大級のIPO「ソフトバンク」
2018年12月19日上場

 ソフトバンクグループ<9984.T>の通信子会社ソフトバンク<9434.T>が2018年12月19日、満を持して東証で新規上場を果たすことになりました。国内では歴代最大規模のIPO(新規株式公開)となり、12月相場の一大イベントとしてマーケットの視線が集中しそうです。想定売り出し価格は1500円で上場時の時価総額は7兆円を上回り、全上場銘柄の中でも上位10傑に一気にランクインすることになります。
ソフトバンク IPO

ソフトバンクのIPO情報・スケジュール

ソフトバンクのIPO情報

仮条件 1500円 市場 東証
公開価格 未定 主幹事 野村證券
単元株数 100株 売出株数 1,603,693,700株
発行済株式 4,787,145,170株 公募株数
事業内容 移動/固定通信事業及びICTソリューション事業の提供

ソフトバンクのIPOスケジュール

仮条件決定日 2018年11月30日
ブックビルディングの期間 2018年12月03日 〜 2018年12月07日
公募価格決定日 2018年12月10日
購入期間 2018年12月11日 〜 2018年12月14日
上場日 2018年12月19日

ソフトバンクの仮条件が1500円に決定(2018年11月30日追記)

 2018年12月19日東証に上場予定のソフトバンク<9434.T>は11月30日、新規株式公開の売り出し価格を決めるための仮条件が想定売り出し価格と同値の1500円で決まったと発表しました。仮条件で試算した時価総額は約7兆1807億円となります。この仮条件を基に需要状況を調査するブックビルディング期間は12月3日から7日まで。売り出し価格は12月10日に決定します。
ソフトバンクグループの通信子会社ソフトバンクが12月19日に上場へ(2018/11/13追記)
 ソフトバンクグループ<9984.T>の通信子会社ソフトバンク<9434.T>が12月19日に東証1部もしくは2部に新規上場する見通しとなりました。想定売出価格は1500円で、これをもとに換算した時価総額は7兆2000億円弱になります。ソフトバンクグループは現在ソフトバンクのほぼ全株式を保有している状況で、今回の新規上場に伴い3割強の株式を売り出し、オーバーアロットメントを含め最大約2兆6000億円を調達する見通しです。この調達金額は日本国内においては1987年に上場したNTT<9432.T>を上回り過去最大規模となります。
 なお、上場スケジュールとしては11月30日に仮条件を決定、12月3日〜7日にブックビルディングが行われ、12月10日に正式に売り出し価格が決められる見通しです。申し込み期間は12月11日〜14日。共同主幹事証券は野村、大和、SMBC日興、みずほ、三菱UFJモルガン・スタンレー、SBI。
ソフトバンク2018年12月19日上場正式決定(2018/11/12 16:00追記)
 ソフトバンクグループ<9984.T>の通信子会社、ソフトバンク<9434.T>が12日、株式上場を発表しました。12月19日に東証へ新規上場します。
ソフトバンク上場正式決定は12日と日経が報道(2018/11/9追記)
 日本経済新聞は11月9日、東京証券取引所がソフトバンクの上場を承認するのは11月12日になると報道しました。報道のとおりになった場合、12日の15時に有価証券届出書が公開され、ソフトバンク株式の公開が正式に決定することになります。

そもそもソフトバンクとは、なにをやっている会社か

株式投資を既にやっている方だと、「ソフトバンク」と聞くと、毎日のニュースでよく聞く銘柄なので、「ソフトバンクがIPO(新規上場)?」と不思議に聞こえるかもしれません。 実は、いままでよく聞いていた「ソフトバンク<9984.T>」は、正式には「ソフトバンクグループ」のことで、今回上場する皆さんご存知の携帯会社「ソフトバンク<9434.T>」の親会社のことだったのです。 まずは、そんなソフトバンクと親会社ソフトバンクグループの関係性を確認していきましょう。

ソフトバンクグループの事業内容

ソフトバンクグループ<9984.T>は、日本屈指の多業種複合(コングロマリット)企業で、携帯電話事業以外にも、様々な子会社、関連企業が軒を連ねています。 今回は、ソフトバンクグループの細かい事業内容を説明は省略いたしますが、下の図の企業を見るだけでも、様々な事業を抱えた企業ということがわかると思います。  ソフトバンクグループ<9984.T>の通信子会社ソフトバンク<9434.T>が2018年12月19日、満を持して東証で新規上場を果たすことになりました。国内では歴代最大規模のIPO(新規株式公開)となり、12月相場の一大イベントとしてマーケットの視線が集中しそうです。想定売り出し価格は1500円で上場時の時価総額は7兆円を上回り、全上場銘柄の中でも上位10傑に一気にランクインすることになります。
ソフトバンクグループの子会社
ソフトバンクグループの業務内容

最強多業種複合(コングロマリット)の親会社からスピンオフ

 親子上場ということで、これまで企業統治の独立性などを焦点に議論が進められた経緯がありましたが、それも無事クリアして、過去最大のニューフェイスが(おそらく東証1部に)誕生することになります。
 現在、親会社のソフトバンクグループの時価総額は約9兆8400億円。ここ最近の株価の調整で10兆円台は下回ってしまいましたが、それでも全上場企業のなかでトヨタ自動車<7203.T>に次ぐ第2位にランキング(直近、NTTドコモを逆転)されています。
 一方、通信子会社ソフトバンクについては時価総額が7兆2000億円とした場合、ファーストリテイリング<9983.T>を上回り、キーエンス<6861.T>に次ぐ第8位にランクインすることになります。携帯電話事業など通信事業を展開し、18年3月期にはソフトバンクグループの主力事業部門として売上高ベースで3兆2300億円を稼ぎ出した収益力が光ります。今回、新規上場することに伴い経営の独立性確保や資金調達手段の選択肢も広がることになり、そのメリットは大きいといえます 。

ソフトバンクの事業内容
 ソフトバンク<9434.T>の事業内容は、ご存知の通りかもしれませんが、NTTドコモ、auと並ぶ日本の携帯3大キャリアの1つで、日本国内での移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、個人顧客を対象としたブロードバンドサービスの提供、法人顧客を対象としたデータ通信や固定電話などの固定通信サービスの提供しています。

 市場シェア率は、23.6%と3大キャリアの中では3番手ですが、下記の2018年第2四半期の決算説明資料からもかわる通り、解約率は過去最低値を記録、契約者数も順調に推移しております。
ソフトバンクシェア率
 また、携帯事業だけだと将来不安、いまは、格安スマホに押されているのではという懸念も持っているかもしれませんが、ソフトバンクは「Y!mobile」という格安携帯も実は展開しており多様なニーズに対応した事業を既に行っております。
マルチブランド戦略
ソフトバンク
大容量データ使用ユーザ向け
ソフトバンクブランドのターゲット戦略
+
Y!モバイル
ライトユーザ向け
Y!モバイルブランドのターゲット戦略
さらに、今後の展開として、通信事業を主軸としながらも「Beyond Carrier戦略」という名の下、ソフトバンクグループが出資している様々な企業と連携し、通信事業以外の新規収益の創出を狙って動いております。
ソフトバンク
大容量データ使用ユーザ向け
ソフトバンクブランドのターゲット戦略
Y!モバイル
ライトユーザ向け
Y!モバイルブランドのターゲット戦略
(2019年3月期 第2四半期決算から引用) https://cdn.group.softbank/corp/set/data/irinfo/presentations/analyst/pdf/2018/investor_20181107_01.pdf

今後の見通し - 抜群の収益力、5Gを背景に他業種との連携で商機も

 ソフトバンクの魅力は何といってもその安定した収益基盤。19年3月期の連結最終利益は前期比5%増の4200億円となる見込み。株主還元にも前向きで連結配当性向85%を目安に株主への配当を行う見通しです。ただし、19年3月期は上場から期末までの期間がわずか3カ月強ということで、期末配当金額は年間想定分の半分程度を目安に1株当たり37円50銭を計画しています。配当利回りに換算すると2.5%になりますが、期間配当利回りで考えた場合は、投資家にとって実質的にかなり有利な内容といえます。また、今後は株主優待に対する期待などもあり、外食産業など他業種との連携も含めて投資家には配当金以外にも楽しみが多く残されているといえそうです。

 携帯電話の通信料は収益基盤としては安定的ながら市場としては飽和状態にあるとの見方も一部にありますが、今後は次世代高速通信規格「5G」の普及が待っており、これによりコネクテッドカーや自動運転車などエレクトロニクス化が進む自動車分野との融合でビジネスチャンスを膨らませる可能性も小さくありません。実際、親会社のソフトバンクグループは、既に自動車業界の盟主トヨタと配車サービスで業務提携するなど、業界の垣根を越えた協業を進めており、今後もこの流れが踏襲されることになるでしょう。  それでは、ソフトバンクの事業と今後の計画を理解したところで、本題のIPO情報を見てみましょう。

ソフトバンクのIPOの申込みにおすすめな証券会社を紹介!口座開設はお早めに

ソフトバンクのIPOに申込むためには

 ソフトバンクのIPOに申込可能な証券口座を用意しましょう。 今回のIPOに申し込み可能な証券会社ですが、 SMBC日興証券、 SBI証券、 松井証券、 マネックス証券、 等です。 口座開設の申請をしてから取引可能となるまで数日かかる場合がありますので、早めの準備が重要です。

IPO投資では多くの証券会社から応募して当選確率アップ!

 IPOの当選確率はかなり低く、1年間全てのIPOに応募しても1度も当選しないということも珍しくありません。
そんなIPOでも、複数の証券会社を利用して抽選回数を多くし、当選確率を上げることができます。ここではソフトバンクのIPOに準備しておくとよい、当サイト厳選証券会社を紹介します。

  • IPOの取扱い銘柄数がトップ水準。主幹事証券を務めることも多く店頭・ネットの両方での取り扱いがあります。ネットに割り当てられる配分は10%ですが、資金量に左右されない平等抽選です。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    74社 15社 100% 平等抽選
  • 主幹事証券を務めたIPO銘柄は平均して公募価格より2倍以上で寄り付き。初値売りのトータル利益は約176万円。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    85社 8社 70% 抽選:30% IPOチャレンジポイント
  • ネット配分全体の70%程度の数量を引き受けるなど中堅証券会社と同数程度の引き受け実績。他の証券会社より少し遅れて幹事証券になることが多くあります。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    13社 0社 70% 抽選
  • 主幹事でなくとも割り当て本数は比較的多く, 2番手証券として有望。立会外分売も頻繁に取扱い。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    46社 1社 100% 平等抽選

ソフトバンクの企業情報

会社名 ソフトバンク
会社住所 105-7317 東京都港区東新橋1-9-1
設立日 1986年12月09日
代表者 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙
公式サイト https://www.softbank.jp/

※本ページの比較・ランキング情報はみんかぶネット証券会社比較 ソフトバンク上場より転載しております。

※本調査については、年月日時点のものになります。
※本ランキングは実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。